身体や顔に鍼をすると、ずーんと響くような感覚になることがあります。

響く場所によって効果は違うのか、そもそも響くような感覚がある方が
鍼の効果があるのか、気になりますね。

これは、中医学で「得気(トクキ)」と呼ばれています。読んで字のごとく
「気を得る」ということです。
鍼をしたところが、だるい、しびれる、重い、張る、冷たい、熱いなどの感覚が
生じること、それが「得気」です。
痛みとして表現する方もいらっしゃいますが、それもそのはず、筋肉の硬くなった
所に鍼をするので、一時的に筋肉が収縮し、筋肉の間や、その周辺を走行している神経が刺激され、痛みのような響く感覚になります。その際、血管も収縮するのですが、しばらく鍼を刺したままにすると血管が拡張し、血流が良くなるので筋肉も柔らかくなり
その周辺がポカポカ温かくなってくるのがお分かりいただけると思います。
治療の部位や鍼の深度、太さや長さ、感じ方の個人差は様々ではありますが
お辛い症状がある場合は、得気を感じられることがあることをご承知ください。

また中国の霊枢という古い文書に「刺之用 気至而有効」とあります。
意味は、鍼の作用は鍼下に気が至ってこそ有効であるということです。

お身体を治しつつ、リラックスできる気持ちよい鍼治療を心掛けておりますので
どうぞはりプラスをお試しくださいませ。